facebook Twitter
結(ゆい)針灸院

大阪府吹田市泉町2-47-27-102

06-6380-2236
8:30~21:30頃まで電話受付中
※診療時間外も含む

定休日カレンダー

2019年3月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 休診日

HOME > 患者さんの声 > 腰痛、腰椎椎間板ヘルニア

患者さんの声 腰痛、腰椎椎間板ヘルニア

糖尿病の老人の腰痛もあきらめないでください

◆アンケート回答
 
非常によい効果があった。ほとんど完全になおり苦痛がない、総合的にいって治療前の苦痛を10とすれば今の苦痛は1であるという回答があり以下のようにコメントされました。
 
朝 おきる時が一番 痛かったのが楽になりルンルンの歌で1日が始まります。でも畑では大変ですので又 痛くなったら早めに見ていただきます。
 
◆考察
 
70代半ばの女性が○○年4月初旬に来院されました。10年ほど前は吹田にお住まいでその時に治療したこともある女性です。
数年前からは奈良県の田園地帯に移住され、畑を借りて耕されています。
腰痛がなんとかよくならないかと来院されました。
朝 腰が痛くてすぐに起き上がることができないが、しばらく動いたら改善される。太ももが重く動きにくい。といったような訴えでした。老人の腰痛によくあるパターンです。元気になっていただき、気がよくめぐるようになると治ります。腰だけみるのではなく、それまで以上に元気になっていただくのがポイントです。
遠方のためもあり、週1回のペースで治療しました。一ヶ月ちょっと、6回 治療してよくなったのでアンケートをいただき治療を終わりました。
 
この患者さんは糖尿病をお持ちです。糖尿病は細かな血管の血流が悪くなるので、一般よりも治りにくいのが普通ですが、この方は一般の方と同様に治りました。
お年寄りは、漫然と整形外科などに通い、腰痛とつきあい続けている方が多いのが現状です。今回の女性も整形外科に通っていましたが一向によくならないために結(ゆい)にいらっしゃいました。
年だからとあきらめないでください。遠方のため結への通院が むづかしい方はお近くの信頼できる鍼灸院に行ってみてください。普通は2~3回 通院したら前と比べてよくなっているはずです。それぐらいで変化をおこせる鍼灸院に行ってください。2018年5月
 
※治療例は個人情報保護の観点から、患者さんの年齢、状況を大勢に影響ない範囲で少し変えている場合があります。ご了承ください。
 



80歳女性の変形性股関節症? 4回の治療で股関節の痛みがとれました

アンケートでは
◆非常によい効果があった。ほとんど完全に治り苦痛がない。

◆治療前の苦痛を10とすれば今の苦痛は1である。
という回答をいただき以下のようなコメントもいただきました。

◆コメント

一度は手術を決断、予約をしていたが手術をキャンセルしました。息子に針灸治療をすすめられました。息子は手術に反対、保証人にならないといわれ、半信半疑で治療を受けました。自宅から大阪までバスで3時間あまりの通院は大変だったが、治療に通うごとに歩行状態が楽になって4回目で杖なしで家の中、庭までは歩けるようになりました。手術を受けなくてよかったと今は息子に感謝しています。
インターネットで良い先生をみつけてくれ治療受けることが出来て救われました。先生にも親切ていねいに治療していただき心から感謝いたしております。ありがとうございました。


激しい腰痛が5回で治った!

突然の激しい腰痛とふくらはぎの痛みにまずは整形外科に行きましたが痛み止めと湿布を出されただけでした。これでは何の根本的な解決にもならないと思い、こちらに来させていただきました。
MAX10を超える痛みが1回の治療で7~8に減り、2回目で3~4へとどんどん痛みが消え4回目でほぼ完治、5回目で卒業させていただきました。もっと時間がかかるだろうと覚悟していましたが、うれしい誤算でした。
これからも具合がよくない時がもしあれば早めに治療を受けて回復させ元気に生活したいと思います。ありがとうございました。

PS、いったんキャンセルした旅行は一ヵ月後に予約を取り直しました。元気に旅行できるのは本当にありがたいことです。2016年3月


1回で歩けるようになったぎっくり腰


山脇(仮名)さんは50代の会社員です。昨日、職場からの帰りにくしゃみをした時に突然腰が痛くなりました。ぎっくり腰です。今日は「立っていることができなくなった」と来院されました。
治療して楽になり、翌日 会社にいくと早い回復にみなさんが驚かれたそうです。一回の治療で普通に立ったり座ったりして仕事ができるようになりましたが、まだ朝はつらい。一週間に3回、治療して、朝のつらさもなくなったのを確認して治療を終了しました。アンケートは2回めの治療の時にいただきました。

◆アンケートでは「非常によい効果があった。ほとんど完全になおり苦痛がない。」「治療前の苦痛を10とすれば今の苦痛は【1】である」との評価をいただき以下のコメントをいただきました。

◆コメント

初めて治療にきたのは、ぎっくり腰を発症した日の翌日で、その日の朝は立つことができなくて職場を休んでしまいましたが、治療のおかげでとても良くなり次の日は出勤して普通に歩いているので、みんなびっくりしていました。
こんなによくなるのならばぎっくり腰を発症した日に来ればよかったと思っています。
20代~40代まで腰を使う仕事をしていた関係で腰に若干の不安を持っていたのですが、きちんと治すことができればいいなあと思います。

※治療効果には個人差があります。みなさんが同じように治るわけではありません。
※治療例は個人情報保護の観点から、患者さんの年齢、状況を大勢に影響ない範囲で少し変えている場合があります。ご了承ください。



腰痛といっしょに花粉症や手足の冷えがなくなった

40代の男性です。2月に急に腰が痛くなったと来院されました。腰といっしょにいろいろ治していきました。例年は2月終わりから花粉症が出るのですが、出ないままに過ごすことができました。2年前から手足が冷えはじめ、デスクワークの時に手袋を使っていらっしゃいました。あきらめていらっしゃいましたが、治療してみると1ヶ月くらいで冷えは消えました。「例年より暑さを感じない」とのことですが、自律神経のバランスが回復しているからでしょう。約3ヶ月の治療中は肩こりもきれいになくなっていましたが、2ヵ月後のアンケートの時点ではさすがに肩がこりはじめたようです。



手術の日程まで決まっていたのに、あっさり治った腰椎椎間板ヘルニア

猪俣(仮名)さんは30代の男性、2011年の12月、職場で腰痛になりました。整形外科に行ったところ腰椎椎間板ヘルニアの診断、MRIでヘルニアが大きいので手術をすすめられました。手術日までとにかく鍼灸治療をしてみようと3週間に4回、治療したところあっさり痛みがなくなり手術を中止することになりました。 半年近くたちましたが腰痛が再発することもなく、元気に仕事を続けていらっしゃいます。



スポーツ障害の治療は、筋肉だけをみても不十分、気を補うことが大切

40代の女性が来院されました。マラソンランナーで、100キロマラソンも走っていらっしゃいます。走り始めると左脚の後ろが痛み始めます。2ヶ月前から痛み はじめ、練習できないと嘆かれていました。2回治療したところ、3日間にわたり10キロずつ走っても痛むことはなくなり、3回約1週間で治療を終えました。アンケートには次のようなコメントをいただきました。

3回の治療で痛みが消えました。以前に別の鍼灸整骨院に通っても治らなかった ので、3回で治って驚きです。今はもう痛みの事を考えずに走れるのでとてもう れしいです。胃腸の調子もよくなりたくさん食べられるようになりました。本当にありがとうございました。
コメント以上

じつはこの女性は胃腸が弱く、一度にたくさんは食べることができないタイプ。 中医学では脾気虚(ひききょ)と呼ばれます。油断するとすぐに体重が落ちて耐久 力がなくなるので、何回にも分けて食事されています。鍼灸治療ではスポーツ障害の筋肉を治すだけでなく、気を補い胃腸を改善すること、脳を活性化し、走れ ないことで失われた自信を回復し、痛みの恐怖から気持ちを解放するようにしました。 左脚を傷めてからは、体重が落ち体脂肪が増えていました。治療終了時は 以前よりたくさん食べれるようになり、体重増えて体脂肪が減ったとのことでした。短期間に筋肉がついてきたことがうかがわれます。
100キロマラソンの時は 走っている途中にバナナやおにぎりの食事をとるのですが、レース後半になると食べられなくなることが悩みの種でした。「脾気虚(ひききょ)が改善すれば食べ られるようになります。」とアドバイスしました。

スポーツ障害は激しい練習のためか、腎虚(じんきょ)や気虚(ききょ)が多くみら れます。蓄積疲労と練習できないショックから軽い抑うつ状態に陥っている方も いらっしゃいます。筋肉や関節だけでなく身体全体を治していくことが大切です。

写真は自筆のアンケート回答



脊柱管狭さく症が治った

脊柱管狭さく症とは加齢とともに背骨の中の脊髄神経の通り道、脊柱管が狭くなってきて足がしびれて、少し距離で歩けなくなる病気です。足のしびれはしばらく休めば回復して、再び歩けるようになるのが特徴です。鍼灸でしびれはなくなり、長い距離も歩けるようになります。いったん治ってしまえばそうそう再発するものではありません。脊柱管が狭くなるのは元に戻せませんが、血流や神経の状態が回復すると考えられます。

坂下(仮名)さんは70代後半のお年寄りの男性です。最初は30mも歩けない状態。左の腰から足にかけてしびれて痛みます。1ヶ月に8回治療したところ痛みはなくなりました。その後は週1回のペースで治療継続。2ヵ月後には普通にゴルフのコースを回れるようになりました。脊柱管狭さく症は治ったのですが、本人いわく「元気にゴルフをするために」治療を続けています。アンケートには「MRIで脊柱管狭さく症とわかり本格的に治療をしていただき最初は30mも歩けない状態でしたが今ではすっかりよくなりゴルフを週2回のペースで行っています。13000歩、歩いています。おかげで治療前のあの苦痛がうそのようになくなり毎日がうそのようです。」とコメントをいただきました。8月の炎天下、朝の9時から昼食休憩を入れながら昼の3時頃までゴルフをされています。その間、腰が痛くなったり脚がしびれたりすることは1度もないそうです。
※治療例は個人情報保護の観点から、患者さんの年齢、状況を大勢に影響ない範囲で少し変えている場合があります。ご了承ください。



足のしびれと不眠が治った、気持ちも前向きに

田井(仮名)さんは40代後半の女性、ずっと立ち仕事をされています。2ヶ月前に腰痛に襲われ、靴下もはけなくなりました。行きつけの整体で治療し少し落ち着いたものの今度は左の脚がしびれはじめました。夕方になると立っているのも苦痛で、仕事もお休みされています。「もう仕事を続けられない」と退職も考えられているご様子。「しばらく結(ゆい)の治療を受けてください。それから決めても遅くないです」と言って治療を開始しました。1ヶ月8回の治療で治りました。決まって夜中3時に目が覚めていたのもなくなりました。
田井さんに限らず、痛みが1~2週間程度続くと、気分も落ち込み悲観的になっていきます。気分が落ち込んでいる時に退職のような重大事は決めてはいけません。結論は先送りしてください。退職を思いとどまった患者さんは多数いらっしゃいます。鍼灸は腰や足の痛みやしびれとともに気分の落ち込みもいっしょに治していきます。

治療後のアンケートでは治療前の苦痛を10とすれば今は0と回答され、以下のようにコメントされました。

もともと腰痛があったので行きつけの整体に通っていたが今回の足の太ももの痛みやお尻の痛みがいつもと違った感じだったので、整体に通っていてもどこかで疑問があった。左足のしびれがあった時もそのうち治りますよと言われたが、しびれ感が強まり婦人科系のこと(閉経)もあってはハリ治療がいいのではと思い、会社の同僚が通っている当院を紹介してもらった。はじめの治療の時、決まって夜中3時に目が覚めることを何気なく言ったらちゃんと聞いてもらって本当によかった。ずっと気になっていたし(治療後は)だんだん目が覚めるのが6時前くらいになってきて気持ちがほっとするほっとするとやっぱり一日が始まる!という感があって気持ちが前向きになってきた。この1カ月余りで左足のしびれが取れ同時に気持ちが前向きになれたのがよかった。平日仕事が終わって夕方の通勤電車で、通院の時立っていても電車がゆれると人にぶつかってばかりでしんどかったことも今はちょっととした思い出になってきました。



1

このページのトップへ