facebook Twitter
結(ゆい)針灸院

大阪府吹田市泉町2-47-27-102

06-6380-2236
8:30~21:30頃まで電話受付中
※診療時間外も含む

定休日カレンダー

2019年4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
 休診日

HOME > 症状と治療のお話し > 辛口コラム > マリッジブルーの正体

症状と治療のお話し

< 赤ちゃんのあせも、少しぐらいは大目に見てあげてください。汗腺の大切さ。  |  一覧へ戻る  |  10年以上続いている顎関節症が治りました。耳管開放症もだいたい治りました。 (患者さんの声) >

マリッジブルーの正体 

結(ゆい)通信No.311   2011/6/20より

マリッジブルーの原因には諸説ありますが、実際に結婚を控えた患者さんを何人も治療してきた経験からいうと、結婚式直前のマリッジブルーに関しては「蓄積疲労」が原因です。結婚への不安や不満だけでは結(ゆい)へいらっしゃいません。

突然、腰が痛くなったり、首が痛くなったりする人もいれば、どうにも身体がだるくて仕方がないと訴える方もいらっしゃいます。
朝がなかなか起きれなくなる方や寝つきが悪くなる人もいます。諸症状を鍼灸できちんと治していくのですが、皆さんに共通しているのは、休日に休めていないという事実です。

結婚式の打ち合わせやお互いのご両親への挨拶等で数ヶ月、休日も動き回っているというカップルが多いのです。これでは不満を抱きやすくなったり、感情が不安定になっても当たり前です。極度の疲労からくる一時的な抑うつ状態です。 休日に意識的に休むことが、マリッジブルーの予防になります。

結婚を控えた息子さん娘さんをお持ちの親御さんは子どもさんの過労に気をつけてあげてください。 「この結婚、本当にいいんだろうかと考えてしまうんです。」という患者さんには「うちの治療を受けて一晩ぐっすり眠ってください。翌朝には考えが変わっていますよ。」とお答えしています。


< 赤ちゃんのあせも、少しぐらいは大目に見てあげてください。汗腺の大切さ。  |  一覧へ戻る  |  10年以上続いている顎関節症が治りました。耳管開放症もだいたい治りました。 (患者さんの声) >

カテゴリ:

このページのトップへ