facebook Twitter
結(ゆい)針灸院

大阪府吹田市泉町2-47-27-102

06-6380-2236
8:30~21:30頃まで電話受付中
※診療時間外も含む

定休日カレンダー

2021年10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 休診日

HOME > 症状と治療のお話し > 辛口コラム > 男性が赤ちゃんを抱っこした方がいい3つの理由

症状と治療のお話し

< 風邪やインフルエンザなどの感染予防について  |  一覧へ戻る  |  うつ病からの回復 (患者さんの声) >

男性が赤ちゃんを抱っこした方がいい3つの理由 

2011/9/15ブログより

1.妻の肩こり、腰痛を防ぐ

現代の生活では筋力を求められる仕事は減っています。ダイエットブームも影響し最近のお母さんは筋力がついていない方が多いようです。

赤ちゃんの抱っこは数少ない筋力を要する仕事。1歳児の平均体重は7.5kg~11.5kg。5キロの米袋を重たがっている女性には酷な話です。 当然、肩こり腰痛に苦しむことになります。 たいていは男性の方が筋力があるので2人で外出の時は夫が抱っこするほうが合理的です。それに出産という大仕事をした後。中医学では出産後1年は女性は気血両虚(きけつりょうきょ)という弱った状態にあると考えています。

2.育児の楽しみを知る

「お父さんだと泣かせてしまう。」というお母さんもいらっしゃいますが、そこは訓練。 育児はめんどうなだけのものではなく、湧き上がるような喜びを与えてくれるものでもあります。女性だけに独占させるのは不公平です。 泣き止まないときは抱っこして赤ちゃんの耳を左胸にくるようにしてみてください。心音を聞かせると比較的落ち着きます。

3.別の時間を経験し、追い詰められない自分をつくる

「短期間に集中して成果をあげる」「てきぱきと処理をする」といった一般の仕事の時間とは別の時間の流れを経験するのが育児です。 赤ちゃんの時間はゆっくりと流れています。成果をあげるばかりではない、ただ見守るだけのような時間の過ごし方もあることを経験してください。 会社の価値観とは違うものをもつことができるようになると価値観の幅が広がります。 価値観の幅が追い詰められない自分をつくります。ストレスに強くなります。

写真は息子を前抱っこする20数年前の私


< 風邪やインフルエンザなどの感染予防について  |  一覧へ戻る  |  うつ病からの回復 (患者さんの声) >

カテゴリ:

このページのトップへ