facebook Twitter
結(ゆい)針灸院

大阪府吹田市泉町2-47-27-102

06-6380-2236
8:30~21:30頃まで電話受付中
※診療時間外も含む

定休日カレンダー

2019年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
 休診日

HOME > 症状と治療のお話し > 帯状疱疹 > 帯状疱疹には鍼灸が一番

症状と治療のお話し

< ☆老人の帯状疱疹後神経痛の治り方 (患者さんの声)  |  一覧へ戻る  |  とにかく寝不足はやめた方がいい 耳鳴 難聴 耳詰まり 不眠に寝汗 秋から冬に出てくる不調を防ぐには >

帯状疱疹には鍼灸が一番 

帯状疱疹って何?

帯状疱疹は子供の頃にかかった水痘(みずぼうそう)のウィルスが何十年も神経細胞のなかで眠っていた後に突然暴れだして起こる病気で、子供の頃に水疱瘡になった事がある人はみんな身体の中にこのウィルスをもっています。このウィルスが神経を通って皮膚に出てくるときに神経痛に似た痛みがあります。水痘のできる範囲も神経の分布領域と一致し、体の片側だけで帯状の配列をとります。

発症は4~5日すると痛みのある部分の皮膚が赤くなってきてその中に次々と小さな水痘(水ぶくれ)がたくさん出てきます。水痘は1~2週間増えつづけこれが破れてただれ、潰瘍となりますがやがて乾燥してかさぶたとなり若い人では2週間、お年寄りでも3週間くらいで治るといわれています。皮膚の発疹が治る頃には痛みもなくなるといわれていますが、実際は水痘のうちから針灸治療をはじめたほうがいいでしょう。潰瘍やかさぶたが消えるよりまでの痛みもつらいもの。潰瘍やかさぶたが消えるより先に針灸治療で激烈な痛みがなくなります。

帯状疱疹は感染しないのですか?

帯状疱疹では水痘・帯状疱疹ウィルス(VZV)は病変部のみに存在しているため、水痘の場合と違って唾液中にウィルスが排泄される事はありません。そのため、帯状疱疹は一般に他人に感染しないものと考えられます。ただし、水痘の既住がない人には水痘内のウィルスが感染し、水痘を発症させる可能性はあります。

治療方法は西洋医学の立場からは以下のように紹介されています

軽い場合は鎮痛剤などを内服するだけで自然に治りますが、ウィルスの増殖を止めてしまう抗ウィルス剤が開発されているので早めに病院へ行き治療することが大切です。とくに目の周りの帯状疱疹や痛みの強い場合、麻痺が見られる場合、汎発疹(はんぱつしん:広範囲に水痘ができる場合)などには抗ウィルス剤による治療が必要です。
いずれにせよ抗ウィルス剤は早期に使わないと意味がないので、早めの治療をおすすめします。

とまあ、紹介されているのですが、鍼灸治療は低下している免疫力を回復させつらい痛みを劇的になくすることができます。抗ウィルス剤との併用をおすすめします。

ただ初期の段階で 鍼灸院にこられる患者さんはあまりいらっしゃいません。私がよく診るのは帯状疱疹後神経痛(たいじょうほうしんごしんけいつう)という状態になってからです。

帯状疱疹後神経痛(たいじょうほうしんごしんけいつう)は西洋医学の立場からは以下のように紹介されています

帯状疱疹は非常に痛い病気ですが、皮膚の発疹が治る頃には痛みもなくなります。しかし痛みだけが後遺症として残ることがあり、これを帯状疱疹後神経痛と呼ばれています。これは良い治療法がなく、引き裂かれるような、えぐられるような、焼けるような痛みがあるといわれ、鎮痛剤もあまり効果がありません。が、うつ病の患者さんに使われる抗うつ剤という薬が効くことがあります。また、トウガラシの有効成分であるカプサイシンの塗り薬や皮膚の血管を拡張させて血流を良くする貼り薬、カイロやお風呂に入って温めるといたみが軽くなることもあります。帯状疱疹後神経痛の時期にはもうウィルスは活動していないので抗ウィルス剤は効きません。 また、高齢者では、帯状疱疹の治癒後ににいたみが残存する事が多く、帯状疱疹後、長期にわたって痛みを訴える患者の70%は60歳以上です。若年者は免疫能力が高齢者にくらべ高いので、このことが帯状疱疹後神経痛に関与していると考えられています。

といわれているのですが、鍼灸はこの帯状疱疹後神経痛に劇的に効きます。
痛みは消えてもかゆみが残ることもあります。針灸は帯状疱疹後神経痛やかゆみにもよく効きます。

1月に治療した例を紹介しましょう。

73歳のおばあさんです。12月に膝の痛みでみえられ、数回治療してよくなった後 来院されなくなったので、念のためにアンケートはがきを出したところ1月中旬に電話がかかってきました。

1月初めから 腰の部分の帯状疱疹にかかり、痛みで夜も眠れないとのこと。医者にはかかっているが鎮痛剤が全然効かないというのです。だまされたと思ってでもいいから、鍼にきなさい絶対 痛みをとってあげるからというと その日のうちに来院されました。
3日間 続けて治療して 痛みはなくなりました。
その後 10日ほどしてまた来院されました。激しい痛みはなくなったのだが、夜になると患部を虫が這うような感じがしてチクチクして眠れないというのです。
一日おきに3回 治療して これもきれいに治りました。
10日もおかず、もっと早く来院さればよかったのにと、内心思いました。かかっている医者に、鍼で激痛がなくなったと報告したところ「鍼が帯状疱疹に効くはずがない」といわれたと後で聞きました。そういったことが影響したのかもしれません。
実際は 鍼灸治療は免疫力を高め、帯状疱疹の痛みを劇的に止めることができます。

帯状疱疹後神経痛を残さないようにするには鍼灸が一番ですが、西洋医学の立場からは以下のように紹介されています。

帯状疱疹後神経痛(PHN)は水痘・帯状疱疹ウィルス(VZV)の再活性化によって引き起こされ発症するが、現時点ではVZVの再活性化を防ぐ事は不可能です。しかし、VZVの増殖に伴って神経に炎症が生じておこる痛みは局所麻酔による神経ブロックや鎮痛薬などを用いて、急性期の痛みを徹底的に押さえる事はできます。
痛みが発生する経路は次の通りで、知覚→交感→運動神経→に過剰な緊張を生み、局所の血流を減少させます。この局所の血流低下は神経組織の性質の変化を援護し"痛みの悪循環"を形成します。つまり帯状疱疹後神経痛を防ぐポイントは局所の血流を減少させない事です。血流を改善する基本は交感神経の緊張を緩め、血管を弛緩させることで、神経ブロックはもちろん、入浴が有効です。

とまあ いわれています。鍼灸は局所の血流を増加させ交感神経の緊張を緩めることができますから、効くのは当たり前といったところでしょうか。


< ☆老人の帯状疱疹後神経痛の治り方 (患者さんの声)  |  一覧へ戻る  |  とにかく寝不足はやめた方がいい 耳鳴 難聴 耳詰まり 不眠に寝汗 秋から冬に出てくる不調を防ぐには >

カテゴリ:

このページのトップへ