facebook Twitter
結(ゆい)針灸院

大阪府吹田市泉町2-47-27-102

06-6380-2236
8:30~21:30頃まで電話受付中
※診療時間外も含む

定休日カレンダー

2020年5月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 休診日

HOME > 症状と治療のお話し > 食べ物 > 筍(たけのこ)の食し方

症状と治療のお話し

< 治らない古傷が、次の痛みを呼ぶ。経絡と気の流れの話  |  一覧へ戻る  |  6月の養生法 その3 暑熱順化が起こりにくくなっている >

筍(たけのこ)の食し方 

2003/04/08

たけのこは食物繊維のかたまり

スーパーに筍(たけのこ)が並ぶ季節になりました。たけのこは食物繊維のかたまりです。 食物繊維は身体にいいとされていますが、やたらと摂ればいいというものでもありません。適量は人によって違います。
内臓の働きがいいかげん弱くなっている人は 一度にたくさんの食物繊維は かえっておなかの動きをとめたり腹痛をおこしたりします。とくにお年寄りは要注意です。適量は自分の感覚と経験で見つけるしかないのです。

旬のものは 意識して、積極的に食べたほうがいいけれど

この時期、お腹が痛くなったとか どうも重い、はるとかいって来院される患者さんの何割かは 筍(たけのこ)を1~7日程度前に食されています。毎年 この季節になると必ず腹痛を訴えられ、いつも筍(たけのこ)を食べた後だったという、皆勤賞をあげたくなるような患者さんもいらっしゃいます。

もちろん針灸治療1~2回で簡単に治ります。

「旬のものは 意識して、積極的に食べたほうがいい」というのが 伝統的中国医学の考え方ですが、筍(たけのこ)に関しては 当てはまる人とそうでない人がいらっしゃるようですね。


< 治らない古傷が、次の痛みを呼ぶ。経絡と気の流れの話  |  一覧へ戻る  |  6月の養生法 その3 暑熱順化が起こりにくくなっている >

カテゴリ:

このページのトップへ