facebook Twitter
結(ゆい)針灸院

大阪府吹田市泉町2-47-27-102

06-6380-2236
8:30~21:30頃まで電話受付中
※診療時間外も含む

定休日カレンダー

2020年9月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
 休診日

HOME > 症状と治療のお話し > うつ病 双極性障害 自律神経失調症 > 頭の後ろが重く、集中できない40代の男性

症状と治療のお話し

< 温度計 湿度計を使いましょう  |  一覧へ戻る一覧へ戻る  |  新型コロナ感染症 中国の治療指針1/29 >

頭の後ろが重く、集中できない40代の男性 

冬になって夜が長くなってくると気分の落ち込む方が増えます。今回は頭の後ろが重くなって、集中できなくなった男性のお話です。

☆頭の後ろが重く、集中できない

××年12月初めに再診の患者さんがいらっしゃいました。40代の男性です。長引く風邪がやっと治ったと思ったら、今度は首の後ろと後頭部が重くなったというのです。集中力もなくなり仕事に身が入らないという訴えです。肩こりはもともとない方です。
週2回に4回の治療で ほぼ症状がなくなったので、1週間あけて5回目の治療の時に 再発なく大丈夫なのを確認し下記のアンケートをいただきました。

◆アンケート結果

非常によい効果があった。ほとんど完全になおり苦痛がない。総合的にいって治療前の苦痛を10とすれば今の苦痛は0である。

◆コメント

内科のお医者さんに「何やろうねぇ?」と言われ不信感をいだき 以前 こちらを利用して良くなった事を思い出し、今回もわらをもつかむ思いで来ました。本当にどうしようもなく仕事にもならなかったので感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
※自筆のコメントは以下からどうぞ
http://yuisuita.sblo.jp/article/186939205.html

◆考察

この男性は2年前の秋に頭痛と左肘の痛み、左耳の違和感で治療したことがあります。冬季うつ病ほどの症状ではなくても、秋から冬にかけて体調を崩される方は結構 いらっしゃいます。
今回は長引く風邪で消耗して、気が頭まで上がらなくなり、重く感じるようになりました。もう少しひどくなるとフラついたりします。抑うつ症状につながっていく症状です。
鍼灸はひどくなる前にちゃんと治すことができます。

※個人情報保護のため少しだけお話の設定を変えている場合があります。みなさんがこの方のように早く治るわけではありません。個人差があります。

< 温度計 湿度計を使いましょう  |  一覧へ戻る一覧へ戻る  |  新型コロナ感染症 中国の治療指針1/29 >

カテゴリ:

このページのトップへ