facebook Twitter
結(ゆい)針灸院

大阪府吹田市泉町2-47-27-102

06-6380-2236
8:30~21:30頃まで電話受付中
※診療時間外も含む

定休日カレンダー

2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
29 30 31
 休診日

HOME > 症状と治療のお話し > 風邪や呼吸器の病気 > 感染性胃腸炎(ノロウイルス)の後には生姜が一番!

症状と治療のお話し

< 子供たちの勉強の仕方はまちがっている  |  一覧へ戻る  |  膝の痛みがとれました (患者さんの声) >

感染性胃腸炎(ノロウイルス)の後には生姜が一番! 

結(ゆい)通信No.277/ 2010/12/16

今年は感染性胃腸炎が例年より大きな流行になりそうです。激しい嘔吐や下痢が収まった後もいつまでもお腹の調子がすっきりしない、身体が重いという方がいらっしゃいます。

結(ゆい)ではこういう方をたくさん治してきました。一週間程度 おなかがもやもやしているという方でも一回程度の鍼灸治療でたいていはすっきり治ります。感染性胃腸炎の後の身体の不調には鍼灸がよく効きますが、ご家庭では生姜をお使いください。

感染性胃腸炎(ノロウイルスによる感染症)の後は生姜が効きます。

生姜には、発汗解表(はっかんかいひょう、汗をだして いっしょに身体の表面の邪気、よくない気を退散させる働き)、温中止嘔(おんちゅうしおう、胃を暖めて機能回復させ吐き気、嘔吐を鎮める)、化痰止咳(かたんしがい、中国医学独特の考えですが、胃腸の働きを活発にして肺の痰をとり、咳を鎮める)の作用があります。
結(ゆい)では生姜灸や生姜パックといって 生姜の上にお灸をしたり、暖めたりして使います。

みなさんは 例えばおろし生姜を、汁やうどんにいれて飲むといった使い方をすればいいでしょう。これも立派な薬膳です。


< 子供たちの勉強の仕方はまちがっている  |  一覧へ戻る  |  膝の痛みがとれました (患者さんの声) >

カテゴリ:

このページのトップへ