facebook Twitter
結(ゆい)針灸院

大阪府吹田市泉町2-47-27-102

06-6380-2236
8:30~21:30頃まで電話受付中
※診療時間外も含む

定休日カレンダー

2019年3月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 休診日

HOME > 症状と治療のお話し > 脳血管障害後遺症 > 脳卒中、脳血管障害の後遺症の針灸治療はできるだけ早く

症状と治療のお話し

< 線維筋痛症と診断された女子の痛みがきれいになくなりました(患者さんの声)  |  一覧へ戻る  |  冷たいものはほどほどに、快適に外食するために >

脳卒中、脳血管障害の後遺症の針灸治療はできるだけ早く 

結(ゆい)通信No.158  2007/05/22より

2007年5月19日に関西中医鍼灸研究会で脳血管障害の後遺症の治療法、醒脳開竅法(せいのうかいきょうほう)の講義と実技講習をしたのですが、リハビリに針灸が効くということをメルマガでお伝えしていないなということに気がつきました。

脳卒中、脳血管障害の後遺症の針灸治療はできるだけ早く

脳卒中の後の後遺症、手が動かない、足が動かない、しゃべりにくい等々の治療に針灸はよく効きます。
ただ日本では病院のリハビリに針灸が取り入れられている所は非常に少ないのです。

先日の関西中医鍼灸研究会には大阪のある公立病院のリハビリテーション科の医師が参加され、熱心に学んでいらっしゃいましたが、こういう先生は本当に少ないのです。
そのためリハビリに針灸が効くということも日本ではほとんど知られていません。

結(ゆい)針灸整骨院にも脳卒中、脳血管障害の後遺症の治療に来院されますが、ほとんどの場合、発作をおこして針灸治療を開始するまでの期間が長すぎるのです。
「病院でいろいろリハビリをやったがいまひとつ治らない」「病院のリハビリも終わってしまった」「針灸でなんとかならないだろうか」というような具合です。
それだけ期間が開いていても一定の治療効果は上がるのですが、治療開始が早ければ早いほどきちんと効くのもまた事実です。

脳卒中、脳血管障害の後遺症の針灸治療はできるだけ早く、できれば3ヶ月以内に、遅くても半年以内に開始してください。


< 線維筋痛症と診断された女子の痛みがきれいになくなりました(患者さんの声)  |  一覧へ戻る  |  冷たいものはほどほどに、快適に外食するために >

カテゴリ:

このページのトップへ