facebook Twitter
結(ゆい)針灸院

大阪府吹田市泉町2-47-27-102

06-6380-2236
8:30~21:30頃まで電話受付中
※診療時間外も含む

定休日カレンダー

2019年1月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
 休診日

HOME > 症状と治療のお話し > パニック障害、不安障害、強迫性障害 > パニック発作の後の動悸が3回でなくなりました

症状と治療のお話し

< 急性前立腺炎が治った  |  一覧へ戻る  |  15年前からの頭痛が治りました、膝の痛みの治療がきっかけで >

パニック発作の後の動悸が3回でなくなりました 

栗原(仮名)さんは40代後半の女性です。家族、親戚でお店をやってらっしゃいます。大阪に多い家族経営の老舗です。元気のいい方で、テンポよく早口で話すサバサバした感じの方です。
 
20XX年の10月終わりに来院されました。いっしょに働いている親戚のAさん(女性)と話をすると動悸がしたり頭が痛くなったりするというのです。夏ごろからおかしくなり、そのうち熟睡できなくなり、朝からぼーとして眠いとのこと。夏の疲労と過労が動悸を誘ったのでしょう。
じつは2年前、Aさんと大喧嘩をして、その後でパニック発作をおこしていらっしゃいました。その後もしばらく動悸等が続いたのですがいつのまにか治っていました。今回はいつまでも治らず、夜も眠りにくくなったということで来院されました。抑うつ状態一歩手前というあたりでしょうか。
さっそく鍼灸治療を開始、1回の治療で寝つきがよくなり、3回2週間でほぼ動悸や気分の悪さもなくなり、4回3週間で終了しました。Aさんとの仲の悪さは同様ですが、互角に渡り合えるようになったとのこと。どなり返せるようになり、仲良く口喧嘩されているようです。
 
本格的に暑くなった今頃が不調になりやすい時期です。調子が悪くなったら栗原さんのように10月まで我慢することなく早めに来院ください。
 
◆アンケートには「非常によい効果があった。ほとんど完全に治り苦痛がない。」「治療前の苦痛を10とすれば今は0」と回答いただきました。
 
◆コメント
決まった人と話すとき必ずひどい動悸があったのがほとんどなくなった。ゆっくり熟睡ができず、朝起きたときからボーと眠たさがあったのもなくなり寝つきもよくなった。
 
パニック発作というと何か「線の細い、弱弱しい人」がなるというイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。どんな人でもなります。たいていは過労、疲労が引き金になります。本格的な猛暑に入った今、お気をつけください。
 
※治療例は個人情報保護の観点から、患者さんの年齢、状況を大勢に影響ない範囲で少し変えている場合があります。ご了承ください。

< 急性前立腺炎が治った  |  一覧へ戻る  |  15年前からの頭痛が治りました、膝の痛みの治療がきっかけで >

カテゴリ:

このページのトップへ