facebook Twitter
結(ゆい)針灸院

大阪府吹田市泉町2-47-27-102

06-6380-2236
8:30~21:30頃まで電話受付中
※診療時間外も含む

定休日カレンダー

2019年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
 休診日

HOME > 症状と治療のお話し > 腰痛、腰椎椎間板ヘルニア > まず最初にこちらをお読みください。

症状と治療のお話し

< まず最初にこちらをお読みください。  |  一覧へ戻る  |  まず最初にこちらをお読みください。 >

まず最初にこちらをお読みください。 

腰痛 椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアはたんに出っ張った椎間板が神経を圧迫して痛むという単純なものではないということが医学界でもはっきりしてきました。
2017年2月にアメリカ内科医師会(ACP:American College of Physicians)は、腰痛ガイドライン発表しました。
腰痛に対して、薬物療法は、ほとんど効果がないことを明記しています。代わりに推奨しているのは、非=薬物療法として、鍼、エクササイズ、リハビリ、マインドフルネス瞑想、太極拳、ヨガ、バイオフィードバック、脊椎マニピュレーション(カイロプラクティック手技)、認知行動療法です。
腰痛は整形外科的な面だけでなく うつ病等の脳の面からもみる必要のある複雑な疾患です。一部の整形外科医の先生は心療内科と連携して治療したりしています。鍼灸は単独で患者さんの頭も身体も治していけるすぐれた治療法です。安心してまかせてください。
腰痛に関連しては 専門誌 医道の日本2017年4月号に「春に多発する症状とその治療」発表しています。


< まず最初にこちらをお読みください。  |  一覧へ戻る  |  まず最初にこちらをお読みください。 >

カテゴリ:

このページのトップへ