facebook Twitter
結(ゆい)針灸院

大阪府吹田市泉町2-47-27-102

06-6380-2236
8:30~21:30頃まで電話受付中
※診療時間外も含む

定休日カレンダー

2019年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
 休診日

HOME > 症状と治療のお話し > 腰痛、腰椎椎間板ヘルニア > スポーツ障害の治療は、筋肉だけをみても不十分、気を補うことが大切 (患者さんの声)

症状と治療のお話し

< 手術の日程まで決まっていたのに、あっさり治った腰椎椎間板ヘルニア (患者さんの声)  |  一覧へ戻る  |  脊柱管狭さく症が治った (患者さんの声) >

スポーツ障害の治療は、筋肉だけをみても不十分、気を補うことが大切 (患者さんの声) 

voice_12_25.jpg

 

 

40代の女性が来院されました。マラソンランナーで、100キロマラソンも走っていらっしゃいます。走り始めると左脚の後ろが痛み始めます。2ヶ月前から痛み はじめ、練習できないと嘆かれていました。2回治療したところ、3日間にわたり10キロずつ走っても痛むことはなくなり、3回約1週間で治療を終えました。アンケートには次のようなコメントをいただきました。


3回の治療で痛みが消えました。以前に別の鍼灸整骨院に通っても治らなかった ので、3回で治って驚きです。今はもう痛みの事を考えずに走れるのでとてもう れしいです。胃腸の調子もよくなりたくさん食べられるようになりました。本当にありがとうございました。コメント以上
 

じつはこの女性は胃腸が弱く、一度にたくさんは食べることができないタイプ。 中医学では脾気虚(ひききょ)と呼ばれます。油断するとすぐに体重が落ちて耐久 力がなくなるので、何回にも分けて食事されています。鍼灸治療ではスポーツ障害の筋肉を治すだけでなく、気を補い胃腸を改善すること、脳を活性化し、走れ ないことで失われた自信を回復し、痛みの恐怖から気持ちを解放するようにしました。
左脚を傷めてからは、体重が落ち体脂肪が増えていました。治療終了時は 以前よりたくさん食べれるようになり、体重増えて体脂肪が減ったとのことでした。短期間に筋肉がついてきたことがうかがわれます。
100キロマラソンの時は 走っている途中にバナナやおにぎりの食事をとるのですが、レース後半になると食べられなくなることが悩みの種でした。「脾気虚(ひききょ)が改善すれば食べ られるようになります。」とアドバイスしました。

スポーツ障害は激しい練習のためか、腎虚(じんきょ)や気虚(ききょ)が多くみら れます。蓄積疲労と練習できないショックから軽い抑うつ状態に陥っている方も いらっしゃいます。筋肉や関節だけでなく身体全体を治していくことが大切です。

写真は自筆のアンケート回答

< 手術の日程まで決まっていたのに、あっさり治った腰椎椎間板ヘルニア (患者さんの声)  |  一覧へ戻る  |  脊柱管狭さく症が治った (患者さんの声) >

カテゴリ:

このページのトップへ